金融機関の人気サービスとその使い方
宮崎銀行の人気サービス

宮崎銀行の投資信託

宮崎銀行では投資信託を使いやすくする様々なサービスを提供しています。定期預金よりも効率的に資産を増やせることから人気の高い投資信託ですが、定期預金に比べて取引の仕組みや運用方法が分かりにくく、リスクも高いため利用をためらう人が少なくありません。しかし投資信託用のサービスを併用すれば、初心者でも簡単に運用することができます。

宮崎銀行で便利なサービスはインターネット投資信託です。インターネット投資信託とはインターネットバンキングサービスでファンドの売買などをおこなうもので、宮崎銀行の場合は店頭での購入よりも申込手数料が安くなるというメリットがあります。購入のために支店へ赴く必要がないため時間の節約にもなり、定期購入や分散投資に最適です。宮崎銀行の積立投信プランを使えば、毎月決まった日に決まった金額分を自動購入することもできます。

宮崎銀行には特定口座という投資信託の専用口座があります。特定口座とは投資信託による損益を利用者の代わりに宮崎銀行が計算し、利益にかかる税金も納めてくれるという便利な口座です。証券会社など複数の金融機関に特定口座を持ち、積極的に投資していると損害を出すことがありますが、そんなときは特定口座で損益通算をおこなうことができるのです。

NISA(少額投資非課税制度)も投資信託に便利です。年間100万円、最大500万円までなら非課税で運用できることから、少額の投資に向いた初心者向けサービスで、口座開設する人がとても多いです。今は20歳以上でないと利用できませんが、2016年からはジュニアNISAという制度も始まります。ジュニアNISAとは未成年でも利用できるNISAのことで、親権者が子ども名義で投資信託をおこない、子どもの資産運用をするという目的で設立されます。

Copyright © 2015 金融機関の人気サービスとその使い方
 

Provided By HtML website templates | free Backgrounds | free website templates