金融機関の人気サービスとその使い方
デビットカードを楽しく使おう

デビットカードの海外での使い方

日本国内ではクレジットカードの人気が高いですが、実は海外では即時引き落としのデビットカードのほうが人気が高いのです。日本から海外に旅行や出張、留学に行く場合も、デビットカードが便利です。というのも、銀行によってはデビットカードを利用すると現地の提携ATMで現地通貨を引き出すことができるのです。

たとえば海外に行って事前に用意した現地通貨が足りなくなってしまった。そんなときクレジットカードしか持っていないと、キャッシング(借金)という形で現地通貨を手にすることになるので、借金の記録が残ってしまうというデメリットがあります。しかも利子をつけて返済しなくてはいけません。デビットカードだと自分の口座のお金を現地通貨にかえて引き出せるので、借金にならないし、返済の必要もありません。

海外通貨を引き出す機能は、正しくは国際キャッシュカード機能という形で利用することができます。国際キャッシュカード機能とは預金が現地通貨で引き出せるサービスで、全てではありませんが、いくつかの銀行で提供しています。為替手数料やレートは銀行によって少しの違いがあるので、気をつけましょう。さらにVISAが提供するオンラインサービスを使えば、現地での利用金額を口座の通貨に換算した額を引き出すことができます。国内でもいくつかの銀行で採用しています。

もっとも海外での引き出しには手数料や事務手数料などがかかります。さらに現地の銀行など金融機関が決めた手数料がかかる場合もあります。そのためできれば海外に行く前に十分なお金を用意するか、あらかじめ海外通貨で運用しておくと引き出さずに普通のデビットカードとして決済をおこなうことができます。外貨預金などを利用している場合、海外での利用が楽かもしれませんね。短期の海外滞在では旅行者を狙った強盗やスリの被害も多いので、こまめな両替かネット決済が安心です。

Copyright © 2015 金融機関の人気サービスとその使い方
 

Provided By HtML website templates | free Backgrounds | free website templates