金融機関の人気サービスとその使い方
宮崎銀行の人気サービス

宮崎銀行に就職

銀行員は仕事がキツいという意見がある一方、安定した職業ということで人気も健在です。大手がよければ都市銀行、地元で働きたければ地方銀行や信用金庫というように、同じ職業でも勤務地や就職先の選択肢が多いことも魅力の一つです。平均給与などの条件もピンキリですが、就職後の勉強会やセミナーが多いためスキルが身につきやすく、金融業界の中で転職する人も多いです。

宮崎銀行は金融業界全体ではともかく、宮崎県内ではかなり好条件の就職先です。宮崎県内の金融機関や近隣の地方銀行など、競合する企業は少なくないものの、九州で就職するなら一考の余地があります。平均年収は約600万円で、男性でも平均年収が約500万円という現代では、大手を除く一般的なサラリーマンよりも高給となります。ちなみに金融業界で最も平均年収が高いのは三井住友フィナンシャルグループで、実に1200万円を超えます。収入も売り上げも上位は都市銀行が占めています。

宮崎銀行では新卒者と実務経験者、パートを募集しています。実際に応募する人は新卒が多く、とくに大卒なら基本給が多い総合職コースが人気です。しかし総合職は特定職と違って転勤があり、宮崎銀行は東京と大阪にも支店があるため、遠方へ転勤する可能性があります。さらに勤務時間を超えて仕事をすることも多く、研修などで土日が潰れることもあります。業務内容は部署によってまったく違うので、就職する際は銀行業務全般に対する理解を深め、採用情報をよく見て決めましょう。

宮崎銀行に就職を希望する場合は、説明会だけでなくインターンシップに参加するとよいでしょう。インターンシップとは店舗見学や銀行業務の講義を受けられる就業体験サービスのことで、大学生と大学院生なら誰でも応募できます。実際に働いている社員にも会えるため、面接や選考について相談しておくと就職活動の際に有利です。

Copyright © 2015 金融機関の人気サービスとその使い方
 

Provided By HtML website templates | free Backgrounds | free website templates