金融機関の人気サービスとその使い方
デビットカードを楽しく使おう

デビットカードとは

買い物や借入をする際にカードを使うのはもはや常識ですが、それらのカードの名前は知っていても、種類や明確な違いを認識している人は案外少ないものです。基本的に決済に使えるものはクレジットカード、借入や銀行など金融機関のサービスの利用に使うものをキャッシュカードと呼び区別していますが、両方の機能を備えた一体型カードも最近は人気が高いです。

デビットカードはクレジットカードの1つです。クレジットカードにはチャージした分の金銭が使えるものや、銀行などの口座と連動して口座から引き落とされるもの、限度額内なら自由に使えるものなどがありますが、デビットカードは引き落とし型の代表的なクレジットカードです。日本では主にJデビットカードとVISAデビットカードの2種類があります。Jデビットカードの場合はオンラインデビットとオフラインデビットの2つがあり、決済のタイミングなどに違いがあります。

Jデビットカードの特徴は、金融機関で発行されたキャッシュカードをそのまま決済用のカードとして使えるのです。現金を引き出さなくても口座内のお金を利用でき、口座残高を超えて利用してしまっても、銀行が一時的に立て替えてくれます。しかしときどき立て替えたあとの回収がうまくおこなわれず、銀行側の損失になることがあるなど、課題も残ります。

VISAデビットカードはVISAマークのある加盟店で使うことができ、一括で即時引き落としがされます。スルガ銀行などが発行しており、ICキャッシュカードや国際キャッシュカードの機能を備えたものもあります。海外で利用する際のレートが通常のクレジットカードよりも高く、そのため若干割高になります。しかしVISA加盟店は非常に多いため、使えるお店が多いというメリットで利用している人が多いです。

Copyright © 2015 金融機関の人気サービスとその使い方
 

Provided By HtML website templates | free Backgrounds | free website templates