金融機関の人気サービスとその使い方
デビットカードを楽しく使おう

デビットカードの便利な機能

デビットカードにかぎらず、最近は決済会社と提携することで複数の用途や機能をもつカードが少なくありません。一体型カードも人気があります。そのような複数の機能のついたカードには、それぞれ機能の違うカードを何枚も持つ必要がないというメリットがあり、カードの紛失のリスクが下がり、管理しやすいという特徴もあります。ただし複数の機能を持つ場合、挿入方向によって用途の認識を行うケースが多いので、挿入方向を何度も間違えるとロックされてしまう可能性もあります。

最も多いのが、クレジットカード機能のついた銀行キャッシュカードです。銀行でカードローンを利用するときなど、キャッシュカードを使ってATMなどで資金の借り入れを行うことができます。銀行のキャッシュカードにはもれなくJデビットカード機能が付いているので、クレジットカード機能を入れて3種類の機能を持つこととなります。現在は最低でもこの3つの機能を備えたキャッシュカードが多いです。

キャッシュカードにSuicaや楽天Edy、ANAマイレージなどの機能がついたものも少ないものの存在します。だいたい複数の会社と提携していると可能なサービスであり、数種類のカードを用意してそれぞれに機能を振り分けていることがほとんどです。また年会費などがかかる場合もあります。通常のキャッシュカードとは異なり、さらに利便性の高いサービスの1つという枠組みなのです。

このように便利なキャッシュカードですが、単なるキャッシュカード一体型カードなので、VISAデビットカードではない場合が多いです。もちろんキャッシュカードであればJデビットカード機能がありますが、加盟店などの利便性を考慮するとVISAデビットカードのほうが人気が高く、その場合は機能が抑えられる場合があります。そのため自分がよく利用しそうな機能が付いている方を選んだり、複数の銀行で別々の機能をもつカードを契約するなどの工夫をすると、より効率よく多機能カードを使うことができます。

Copyright © 2015 金融機関の人気サービスとその使い方
 

Provided By HtML website templates | free Backgrounds | free website templates